土地を売る

土地を売る

土地を売る場合、登記簿を取り寄せることからはじまります。それは、土地を売ることができるのが土地の所有者だからです。
法務局から取り寄せて確認できるので、難しいことはありません。
相続等により自分のものになった土地も相続登記をしなければ売却することはできません。
相続登記に関しては、印鑑証明戸籍謄本などが必要になるので、詳しくは法務局に問い合わせてみると間違いありません。
忙しい人には、司法書士に任せるという方法もあります。彼らは専門家なので間違いがありません。自分で書類を揃えたり、準備するのに自信がない場合も任せるという選択肢があるでしょう。

 

特に都心部に住んでいる人に多いのですが、隣の土地との境界標があるか確認しましょう。
希に境界標がない場合もあります。その場合は、土地家屋調査士に測量を依頼し、境界標を設置することができます。
トラブル回避のためには境界標を明確にすることが必要です。

 

土地の相続により、将来的にも使用する予定がない土地を持っていても固定資産税が掛かるので売りたいという相談が多いようです。
育った田舎の土地を相続しても、将来的に家を建てる予定がなければ資産も負債になることがあります。
そんな場合はネットで複数の見積をして売るという選択もありでしょう。